Paintの使い方と、画像編集ソフト

画像編集の前に

パソコンのPaintを使って絵を描きたいといった人は、多くの場合、フォトショット系やイラストレーター系といった画像編集ソフトを使っ てグラフィックの編集をすることになると思います。
しかし、このフォトショップ系やイラストレーター系といったものに対してまったく知識がない人は、どちらを使ってグラフィックの作成を 行えばいいのか判断できないと思います。

そこで、簡単ではありますが、このフォトショップ系とイラストレーター系のソフトの違いについて解説をしてみたいと思います。
まず、フォトショップ系では写真、画像の加工と編集を行うソフトのことを言います。ビットマップと呼ばれる点の集合体としてイラストを 書くことが出来ます。

次にイラストレーター系では、ドロー系とも呼ばれており、さきほど紹介をしたフォトショップ系が点の集合体で画像の編集を行いますが、 このドロー系では点と点を結ぶ線のベクトルでイラストの編集を行います。ですので、拡大や縮小を行った場合に画像が荒れてしまうなどの 問題がほぼなくなります。

以上が簡単なフォトショップ系とイラストレーター系の違いになりますが、これからこの二つの詳しい内容について、また画像編集について 解説を行っていきます。